不眠症と夏。役立つサプリは?

普段から寝付きが悪いのに、夏になるとさらに寝れなくなるという意見を良く聞きます。また、夏の睡眠困難が原因で不眠症になってしまったということもあります。夏に寝付きが悪くなるのは、やはり厚さが大きく影響しています。質の高い睡眠を取るには、温度や湿度などが大きく関係し、快適な睡眠環境を整えることが大切です。快適な睡眠環境は温度は25℃前後、湿度は50%~60%といわれています。蒸し暑い日本の夏では、エアコンや寝具で工夫ししないと、睡眠にベストな環境にはなりません。ですから、寝づらいと感じたら早めに、室温や環境を見直すようにしましょう。また夏になると寝れなくなる別の原因として、体温変化の乱れがあります。睡眠と活動の状態という一日のリズムを作るのに、体温が大きく関係しています。朝起きると徐々に体温が上がり、16時を境に下がり始め、深夜にもっとも低い体温になるというのが眠りに良いリズムです。しかし、一日中エアコンの効いた部屋で過ごすと、体温の調節がうまくできずに、体温の変化にメリハリがなくなってしまいます。オフィスビルなどでは難しいとは思いますが、身体を冷やさないような服装、暖まる食べ物などを心がけて、快適な睡眠が得られるように体温リズムを崩さないようにしましょう。

お勧めのサプリ

「マインガードDX」質の良い休息に不可欠なトリプトファン、天然の休息ハーブ・ノニなど、天然の安心な材料で作られた、不眠症改善のためのドリンクタイプのサプリメントです。不眠症サプリ口コミによると、休息力と吸収力にこだわっているので、夏の辛い不眠症にお勧めです。